マカロニ走ってゴリさん蕎麦食えばボス歩く

見たら得する情報満載!番組はこの後すぐ!

銅の羽釜で米を炊く 羽釜の炊飯が一番美味い ごはんはどうだ!3合釜

f:id:mini-mill:20170222145637j:plain

はじめチョロチョロ中パッパ

ウチでは純銅製の羽釜でご飯を炊きます。
電気炊飯器の類は使いません。
ガスコンロ直火炊飯です。
理由は簡単で、現時点でこの方法が一番おいしく炊けるから。
ガスコンロ+銅羽釜での炊飯の要点は以下の通り。

  • ガスによる「強い火力」+簡単な火加減調整
  • 素早くムラなく熱を伝える「熱伝導率」の良い金属特性
  • 対流を促進する「すり鉢形状」のスタイル
  • 加熱10分間(中火)+蒸らし7~8分で「短時間」で炊き上がる

あっと言う間においしいお米が炊き上がります。
ごはんは短時間でムラなく炊き上げると美味しくなります。
日々のことですからコストも大切。
保温などの無駄な電気代もかかりません。

 

美味い・早い・安い。

電気炊飯器、アルミ鍋、土鍋、圧力鍋、鋳鉄鍋、ステンレス鍋、多層ステンレス鍋、果ては登山用のチタン製コンボクッカーまで、色々な鍋でガス直火炊飯をしてきましたが、意のままに一番おいしく炊くことができるのは銅の羽釜でした。銅の熱伝導率の良さが他を圧倒しています。また対流を起しやすい釜の形状も炊飯に最適です。

一般家庭の炊飯量であれば、どんな材質の鍋でも、その特性を理解していれば、それなりにごはんは炊けます。ではもっと多く大量に炊くとなればどうでしょうか。火力と材質の関係でふるいがかけられます。本来、炊飯に適している鍋・釜の材質は何かが自然と見えてきます。もしあなたが10人前、20人前、1升、2升とご飯を炊くことになったらどんな熱源と材質を選びますか? 炊飯は時間との勝負です。適した時間で水を沸騰させて炊き上げなければなりません。火力の大小と材質の熱伝導の良し悪しが、炊飯に適した鍋と不適切な鍋を露わにします。

業務用の炊飯釜は大半がアルミ製です。何故でしょうか?
その理由は熱伝導率が良く、価格が安価で済むからです。しかし本来であればもっと良い材質があります。それが銅です。銅は原材料の単価が高いので業務用のような大きな釜に使うにはコスト的に無理があります。ただ、もし材質の価格に差が無ければ業務用には銅が使われていることでしょう。

熱伝導率は以下のとおりです。
銅 398、 アルミ 236、 鉄 84、 ステンレス/クローム系 26。

銅は高価ですが家庭用のサイズ程度であれば、どう(!)にか手が届きますw。
しかし銅は高価ですし、オール電化やIHヒーターの普及もあり、銅の羽釜は取扱いするメーカー・ショップが極わずかに限られています。

  • 京都「有次」、「WESTSIDE33」
  • 大阪「ヤマゲン」、「和田厨房道具」、「姫野工作所」、「大阪銅器」
  • 新潟「新光金属」

主なところはこんな感じでしょうか。新光金属以外はすべてハンドメイド品。
銅の羽釜は需要が少ないため大量に在庫を持つことはなく基本は受注生産。ハンドメイド品は値段は概ね3合炊きで5万円前後。有次などはブランド料でさらに+3万円ぐらいお高いと記憶しています。新光金属さんの銅釜は定価こそ3万円ちょっとですが実売価格はオンラインショップで2~3割引き。純銅製と羽釜スタイルであれば要は条件クリアなので迷う必要はありません。コレが一番お得です。

f:id:mini-mill:20170222155550j:plain

「新光堂ごはんはどうだ!3合釜」新光金属製。

1.5mm厚の純銅製釜は熱伝導率の良さから熱が素早く全体に回ります。釜の内面はセラミック入りフッ素樹脂コーティングが施されています。荒いセラミック粒子の特殊な凹凸加工で沸騰時にはボコボコと大きな気泡を発生させ、強力な対流で米を炊き上げます。釜蓋は写真のように上下合体のステンレス製2重構造になっています。

f:id:mini-mill:20170222205647j:plain

蓋の上下パーツはネジで合体させて止めるようになっています。
ネジは指で簡単に回せ、分解の取り外し・取り付けも楽です。
蓋の内部に蒸気が貯まり吹きこぼれを軽減する一方で「おねば」をしっかりとお米に戻します。

f:id:mini-mill:20170223033945j:plain

肝心の銅羽釜の炊き上がりですが、色・艶・香・甘さ・粘りが程よくあり、ふっくらと一粒一粒お米が立つバランスの良い仕上がりです。銅の魔力全開で毎回必ずカニ穴が出現してくれます。家電製品ではないので壊れることなく半永久的に使えます。フッ素加工は剥げてもメーカーで再加工を受け付けてくれます。

f:id:mini-mill:20170223053311j:plain

f:id:mini-mill:20170223081657j:plain木蓋を別途購入して使用するのもありです。木の香りもして良いかと思います

「ごはん」にこだわりを持つお店では銅の羽釜・鍋が結構使われています。料亭や割烹あたりでも銅の羽釜を使っているところは見かけます。極めようとすれば、やはり行き着くところはみな一緒のようです。精米したてのお米とミネラル水を使いこれで炊くと無敵です。キッチンのコンロをIHヒーターにしなくて良かったと思える逸品の1つです。

さて炊飯鍋はサイズで悩みますよね。この商品は3合釜と5合釜があります。
ちなみにこの羽釜、3合サイズの場合は3合を難なく美味しく炊けます。鯛めしとか具の嵩む炊き込みご飯もちゃんと作れます。家族2~3名(大人2/子供1)ぐらいならコレで十分しょう。お米だけ浸水させておき、必要な量を時間差で分けて炊くことも可能です。炊飯10分+蒸らし7分程度ですぐに炊き上がりますから。5合炊きサイズは毎回家族4人が一緒で食事し、必ず3~4合炊くという家庭に向いてます。

f:id:mini-mill:20170512143956j:plain

ウチでは最近は木蓋で炊くことの方が多いです。
木蓋で炊くと周囲に木の香りが立ち、御飯も美味しく感じます。
木蓋は、裏返して置けるし、立てても転がらず自立できるようになっています。
良く考えて作られていますよね。使う前にたっぷり水を吸わせておくと蓋の重さが増すだけでなく吹きこぼれも軽減します。
昔の人は偉大です。

毎日シューシュー蒸気を出して、美味しいご飯が炊きあがります。
この湯気と音と香りが、食欲を掻き立て、人を食卓へといざないます。
どうですか?
美味しいご飯を食べたい方はぜひお試しください。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHINKO/新光金属 ごはんはどうだ(ステンレス蓋)3合炊 CM−3
価格:21286円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)